アクセスカウンタ

<<  2017年3月のブログ記事  >>  zoom RSS

トップへ


長谷川利行

2017/03/31 17:28
デ・キリコさんからの質問がありました。

わずかしかない長谷川利行の資料が出てきたので紹介します。

画像

画像

画像

画像


読んでの通りです。

決して巧いとは言えない画家で、放浪と貧困のうちに死んでしまった。

現代から見ると洋画を志した数少ない人数の中です。後世に名が残るとはある意味で恵まれた時代だったかも知れないです。
記事へブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 1


12回 京都美術研究会 その2

2017/03/31 02:37
D

画像

いいです。主題が明確です。
画像

リアリズムの絵で、唐突に塔だけコラージュしているのは違和感がありますね。これを除いて、遠方の峰に
村の風景から繋げていくことです。
画像

画像は、既にトリミングしています。周りの余白が多過ぎました。
画像

これもトリミングしました。
画像

いいですね。
画像




画像


画像

100号の大作に移行する時の発想が素晴らしい。狙いを絞っています。
象徴性と、リアリズムの間で、いくつか指摘しましたが、いい絵になります。



画像

画像

みかんの左の余白に葉っぱ一枚入れたいです。
画像

どれも素晴らしい描写です。
日本画の場合でも、周りの余白は適度に。トリミングしてありますね。
画像




画像


花瓶が窮屈に感じます。茎の部分の広さ。花の塊と花瓶をもう少し接近させたらどうでしょう。
画像

左の三角形の余白に一本葉っぱを追加したい。
画像

100号。
ショーウィンドウの中を面白く創作しました。
素晴らしい!



画像

素敵!
画像

良く描けています。画像は既にトリミングしています。漫然と花をいっぱい描くのでなく、画面に対し花の大きさと数を適度に入れる。

以上です。

皆さん、いい絵を描いて来ました。
また、この間凄く前進したと思います。

終わってコーヒーいただき懇談。
幹事の方から、皆んなからと、こんにゃくのようなものいただきました。
これは僕は貰わないよと申し上げました。しかし、と言うので、開けて見ますと7万3千円も有りました。
結局、伊豆の国アートビレッジへの寄付金とさせて頂くことにしました。4月の寄付月間に頂くことにします。

6時から、植物園横のピザレストランで懇親会をやりました。
画像

歩いて行く途中、疏水のところに大きなミモザが咲いていました。

画像

最後の研究会、最後の懇親会。
いつも別れは辛いものです。
が、皆さんビレッジに来てくれそうだし、
また、集まりたいね〜と言ってました。

これで僕は遠い所の研究会は全て終了。
ホッとした感じも事実です。
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


第12回京都美術研究会 (最終回)その1

2017/03/30 05:15
2年間にわたり開催して来ました京都美術研究会は最終回となりました。会場が、始めは西本願寺の町屋。次に丸太町のハートフルセンター。最後の3分の1が北山の邸宅。それぞれ京都の特徴ある会場体験も面白かった気がします。北山では、着くと和菓子が用意されていて、お抹茶が出るという京都文化そのもの。
画像

画像


A
画像

竹田城址 近景は弱く、遠景を強く。
画像

左手の紅葉、赤は前に出てくるので面積を少なく。
全体として主題が右に寄っています。山頂をもっと左に。
画像

申し分ないですが、桜をもっと咲かせたらと思います。
画像

高瀬川 左手の対岸をもっと正面から見るように、面積も広げたい。



画像

絵の具が濡れている間にサッと仕上げた。成功しています。
画像

チェスキークルムロフ 前より随分改善されてきました。
画像

モンマルトルの丘のカフェ 人物が小さい。2倍ぐらい大きくないとカフェのスケールに違和感がでます。


画像

もう少し明るくしたら?

画像

絵の中心部分にもっと明るい色面が欲しい。右下の舗道の角は弱く。
画像

コレも暗い。もっと明るい色面がいいと感じるように感性の方を改善したい。絵画史の発展も、一人の個人の絵の発展も、概して暗いものから明るいものに変わっていく。
画像

デッサン、スケッチは巧みにまとまっています。
右手のトラックは風景に不釣合いでは?

続きます。
記事へブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 1


若竹美術研究会 5

2017/03/28 06:34
画像

画像

画像

やはり単色よりは何色かでの方が楽しいかな?
3色で構成するといいです。それと、写真のようにトリミングして周りの余白をなくすと連続性が出て、
面白くなります。
画像

いいですね。
画像

画像

面白い絵です。

以上、楽しい絵がいっぱいでした。

皆さんでの展覧会をやったらどうですかと、提案して来ました。

2時間少しの時間でしたが、とても楽しかった。
皆んなから握手求められました。

コーヒーと手作りケーキを
ご馳走になりながら理事の方々と暫し懇談。
帰りにいっぱいの手作りパンを頂きました。
こんにゃくも用意されていましたがそれは遠慮して(笑)。

その日5時から高松市内で、映画「ハケン」製作委員会高松支部立ち上げの
会合がありました。8名が参加。宮崎監督、藤野戸社長も来られました。
7時からは懇談会。どちらも楽しい夕べでした。

夕方からの集まりに、画廊をやっている方が参加。
実は高松に来るなら相談したいことがあるとの事でした。
僕はその日の若竹の作品をスマホの映像で見てもらい、
展覧会をやらせて貰えないかとストレートにお願いしたのです。


若竹パン
手作りパンの事業をしているのですね。
画像
画像
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


若竹美術研究会 4

2017/03/28 01:30
画像

若竹のハウスから見える景色。
この窓枠、カーテンは要らない。風景だけにした方がいいよとアドレス。
画像

画像

画像

大胆な構図。
画像

可能性いっぱい。
画像


画像

画像

画像

あと一回で終わります。
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


若竹美術研究会 3

2017/03/27 07:07
画像

スケッチブックにびっしりとドローイングが描かれています。
聞きますと 『丸』。
画像

画像

画像

初期の頃は直線だったそうです。最近はもっぱら『丸』。
トリミングすると、とても良くなる、と提案しました。
画像

ちぎり絵ですと、かなり違った表現。
画像


僕も最近ちぎり絵を始めたのですとスマホで紹介。
画像



画像


画像


画像

画像

画像

これは凄くいい!
額は先生の指導で自分で作り、フレームの絵も自分で描いた。
画像

凄いです。
自分は40歳代になったけど、これは20代の頃描いた。
『初心忘れるべからず』で、描かなければ!
画像

今の絵。
マンガもいいけど、タブロー描いたら、いい絵が描けるよ。


まだまだ続きます。
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


若竹研究会 続き

2017/03/26 12:59
作品は20名ぐらいの方々が待って来ました。若竹のメンバーだけでなく丸亀など近くの施設に通っている方々にも声をかけたのだそうです。
画像

画像

画像

画像

ポスターになった絵。若竹の窓から見える景色です。
画像

画像

良いですね〜。
画像

画像

画像

まだまだ続きます。
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


坂出 若竹会訪問

2017/03/26 08:39
3月25日。
高松空港に飛んで、坂出市の障がい者施設わかたけを訪問しました。
空港には昨年『あい』上映会の時に知り合った湯浅さんが迎えに来てくれ送ってくれました。

事務局の天満さんの話では本当に狭くてきたない所なんです、との事でしたが、
いえいえ、立派な施設でした。然も大勢の方々が待っていてくれてびっくりでした。
画像
画像

天満さんから紹介受けて、テーブルには絵が並べてあります。どのようにしましょう。と言うので、一番奥のところに、一人ひとり絵を飾ってもらって、本人から絵の説明をしてもらい、講評することにしましょうとはじめました。

始めからいい絵が連続です。

画像

画像

画像

画像

画像

画像


画像
画像

四国新聞に掲載されていました。
画像

絵はまだまだあります。次回。
記事へナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0


「変革の時代と資本論」

2017/03/25 08:03
1月20日に発行されていた待望の書に気が付かず、一昨日FAXで注文しましたら、1日で到着しました。
画像

月刊誌「経済」編集部編です。
画像

画像


はしがきで大事なことを簡潔に書いてあります。
学術論文なので、横書ですね。読みやすいです。人間の目って、縦に動かすより横の方が動かしやすいのです。(笑)
画像

画像

画像

画像

学術論文は目次がしっかり内容を表現しています。

画像


今まさに政治も経済も混迷の感じがします。長期的な未来を見据えて物事を考えるべきでしょう。
とてもいい指標となります。勧めるゆえんです。
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


映画「ハケン」 新リーフレット

2017/03/24 06:38
昨日、23日。11回世話人会が開かれ新しいリーフレットも出来上がって来ました。

世話人会の報告は推進本部の正式なツイッター、FBなどでの報告をみて下さい。

画像

画像

画像

画像


東京理科大学自治会OB会の有志で
映画製作委員会の理科大支部を作ることになりました。

4月4日午後1時から神楽坂にて。
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


籠池証言

2017/03/24 06:19
昨日の国会で証人喚問受けた籠池氏は昭恵夫人から「安倍晋三からです」と、100万円もらったと証言。
昭恵夫人は自らのフェイスブックで「渡してない」と真っ向から対立。

真実は一つでしょう。どちらかが嘘を言っていることになります。

事件の発覚後、関係は遠いという感じで言っていた昭恵さんですが、実際は相当数のメールのやり取りを籠池夫人と交わしていたのが実際のようです。

昭恵夫人へのお願いしに対し秘書がFAXで回答をしていた。
その現物が公開されました。秘書の名前も公表されました。

画像


前回は名前のところを伏せて載せましたが・・・。



「内閣総理大臣夫人付」



この名刺で、財務省他関係部署に問い合わせなどしていたのでしょう。

受ける窓口の役人は首相夫人が問い合わせていると受け取るのが普通でしょう。

「忖度」と言う言葉が出ています。
暗黙の了解で要求に応えていくということなのでしょう。

安倍首相は「私や妻が関係していたなら総理も国会議員も辞める」と言ってました。
まさに「関係していた」のではないですか。


それにしても質問トップの自民党議員。何とか首相をかばいたいから質問もトンチンカン。
長時間質問する意味ない!
記事へナイス ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0


木蓮 2

2017/03/23 08:13
散歩しています。
昨日は東京の桜、開花したとのこと。

近所の大木蓮が満開です。

画像

画像

自宅マンション隣の桜は咲いてきました。
画像
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


山川 理 さつまいも博士

2017/03/23 06:55
インターネットでの友人。山川理博士から新著「サツマイモの世界・世界のサツマイモ」が贈られて来ました。
面白くて、一気に読みました。
論文のような本ですので横書きです。
画像


前書きに最も大事なことが書いてあります。
つまり、食糧危機に遭遇した時頼りになるのがサツマイモ。
画像
画像

画像

植物学上の解説、栄養学上のこと、栽培の方法など、
サツマイモのあらゆることが網羅されています。
最後の方に、果たしてサツマイモのルーツは?という壮大な海外調査の結果わかったことが書かれています。
その調査は九州の焼酎の酒造が創立100年事業として資金を出して研究したとのこと。
結論は、紀元前8000円ごろにペルーで栽培が始まり、ミクロネシアから世界に伝わって来たということです。
画像

画像

サツマイモは、僕は天ぷらセットについてくるのを食べるくらいで、
普段、食べたいとは思わないで来ていますが、
これから干し芋とか、焼き芋は食べてみようかと思いました。
画像

山川博士は数年前「サツマイモの聖地=川越」にとうとう引っ越しされたようです。
川越は「イモアイス(いも愛す)」がヒット商品で、友人家族にご馳走になったことがあります。
川越はまた、鰻で有名。

記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


志賀直哉「暗夜行路」

2017/03/21 17:31
1月に奈良に行って、「旧志賀直哉邸」をみて来た以来「暗夜行路」を読み始めた。昔、少し読んだだけで挫折してそのままになっていて、気になってもう40年が過ぎてしまった。尾道の志賀直哉が住んだ家も3回行ったのだけれどもその度に読まなければ、と思いつつ忙しさに紛れてしまっていた。今度ばかりは素晴らしい家と、展示されていた志賀直哉の写真などを観て、この機会に読まなければ一生読まないで終えそうと思ったのです。読み始めると、あちこちに線が引いてあったり。一度は読んだみたい。しかし、全く忘れているのですね。

会社に入って、初めて給料をもらって、買ったのが新潮社の世界文学全集➕日本文学全集。専用の本棚もおまけについてきたのです。これは今でもミニコンポの台として使っている。全集は韮山アトリエにありますがそのうちビレッジの図書コーナーに持って行こうと思っている。読まなければ、と「志賀直哉」の1冊は自宅の本棚に置いてあった。阿川弘之さんの「志賀直哉」2巻とともにあるので、こちらも並行して開いた。

「暗夜行路」。 主人公・時任謙作は小説家。文学誌に書くだけのさほど売れてる作家ではないようだが、志賀直哉の分身であろう。私小説とはまた違う。祖父と母との間に出来た言わば不義の子として生まれたことを成人してから兄に教えられる。その出生から、父とは血のつながりがない、父は成功者で、経済的にはすべてを世話になっている。そうした男が文学を志して様々な世を見ていく。そうした心の旅路。

東京を本拠地としながらも、尾道、京都と移り住みながら、それぞれの街の情景と共に心の旅を描いていく。自身の移動生活がいかんなく発揮されているのです。やはり、作家と言うのは旅しないといけない。風景とそこでの人々、文化に接して思考も深められて行くようです。
尾道に行くのに、新橋から横浜へ。横浜から船で神戸に。という当時の交通なのです。鉄道で、東海道を行けたのでしょうが、船旅もそれまで多かったのですね。尾道から高松・金比羅山参りは比較的たやすく船で渡る。東京での芸者遊びや、「放蕩」の意味や、「自動電話」で連絡を取る、など現代では知らない習慣も書き残されている。間に挿入されて行く心の旅=人間形成や人物観察。芸術と人間精神の探求の旅に読者をいざなうのです。

京都から、この先どう展開して行くのでしょう。
これはまた次回に。
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


障がい者支援施設「ひかり」へ

2017/03/21 12:45
障がい者支援施設「ひかり」へ行ってきました。

細谷副施設長に取り組みの形式を説明して、
作品を委託して来ました。

画像

画像

秋田さんのこのキャンドルスタンド。凄くいいですよね。

契約内容


障がい者施設支援販売作品                 2017.3.20

                           伊豆の国アートビレッジ 
                           静岡県伊豆の国市奈古谷1825
                           代表 中西繁  
                               自宅 鎌倉市玉縄5−3−27−117
080−3384−8708


委託販売           搬入IAV    返品 受託者
パッケージ 値付け      販売者
その他 通信 連絡 経費   IAV



販売価格     100%       2,000円 (例)
配分
販売者       50 %      1,000円 
制作者     30%       600円
IAV      20%       400円


委託後1年間で棚卸をする。
在庫は協議の上、原則返却する。



作品リスト

3月20日 作品

A スレンドグラス・アクセサリー  「幸運を呼ぶ、ステンドグラス」 
       スレンドグラス・作家 加茂好子+堀内朋子
 
    1
    2
    3
    4
    5
        各 1,600円
B 油絵  「抽象画・NY=TIMES・SQUARE」
        洋画家 中西 繁

    1
    2
    3
    4
    5
        各 2,000円

C 木工作品 
         木工作家 秋田昌俊
     1    1,500円
     2    1,200円
     3      500円
     4    2,500円
     5    2,000円



「ひかり」の2階に置いてあった納品予定のキャンドル。
この夏、恒例の大船観音寺のキャンドル・ナイトに使うのだそうです。
注文は1,000個。
大変な労力いるでしょうね。

画像

画像


イベントが終わったら、キャンドル・カップを回収して、
来年に向けて素材は再生して行くのだそうです。

節分の豆袋詰めもお仕事として頂いています。
観音寺さんのご協力あってのお仕事なんです。

バザーの予定です。

鎌倉市役所 1階受付附近 
10:30〜14:00
4月11日(火) 5月18日(木)  6月15日(木)

雪ノ下カソリック教会
4月23日(日) 9:00〜14:00

由比ヶ浜カソリック教会
5月28日(日) 9:00〜14:00

カソリック教会には、散歩がてら行くと
楽しいかも知れません。

追伸

先方からすぐに連絡があり
委託でなく「買い取り」にします、とのこと。
これはスッキリしてありがたいです。


記事へブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 1


桜木町 アート・プロムナード 構想

2017/03/21 06:37
20日の休日。
横浜ルミネから3日間しか使えない商品券2,000円が贈られていた最後の日でしたので、
横浜まで行き、ルミネ8階の世界堂で絵具を買いました。帰り、歩いて帰宅しようと思いました。


歩き始めてすぐ、東横線が桜木町駅まで行っていた時の高架に出会いました。
東横線はみなとみらい線に連続することになって地下鉄となるに伴い、高架橋はそのまま敷地と共に横浜市に寄贈されたのです。横浜市は今後どうするのか?いずれ、遊歩道などにしていくのでしょう。もう、15年ぐらいが経つでしょうか?

2年ほど前、思いついたのがこの長い高架橋のコンクリートの壁面に絵を描いたらどうかと言うこと。
元中区区長の高井さんに相談したのです。高井さんは、「所轄はどこになるかなあ・・・・」と云ったままで話は立ち消えになっていました。それを思い出したのです。

桁の数を数えてみました。
132 あります。
大雑把に考えて、132人の作家に公募してそれぞれの絵を描く。
制作費用は作家もち。2.3ヶ月間の間に仕上げる。
画像

画像

画像


桜木町駅は元々昔は横浜駅。明治5年だったかな?
新橋から最初の鉄道がここまで開通したのです。
その後、だんだんと移動して現在の位置に。
桜木町駅は根岸線の駅となったのです。
並行して走る東横線の歴史は調べればすぐにわかるでしょうが、
歴史の証として残していくことになるでしょう。


余談ですが、
その昔、志賀直哉は尾道に行くのにどう行ったかと言いますと、
新橋から横浜まで汽車で来て、
横浜から船に乗り、神戸港へ。
三ノ宮から姫路経由で尾道です。




桜木町アート・プロムナード構想。
どんなもんでしょう?


お役人さーん。検討してくださーい。

僕に任せてくれれば、
残りの人生すべてこの壁画にかけるのもいいかなと思っています。

コンセプトは「世界と結ぶヨコハマ」。

世界の街の風景 132点 を描きます。






僕は、その昔東急ハンズ渋谷店を設計しました。
そのあとでしたか、店舗展開の計画をしていました。
それで思いついたのが「横浜赤レンガ倉庫」でした。
横浜市役所に行って、東急ハンズに貸してくれないかと
あたったのです。みなとみらい計画の部署に行ったと思います。
その時は、県や、港湾とか、面倒くさいことですよ、と問題にしてくれなかった。

その後、改修して「横浜赤レンガ倉庫」としてオープンすることになりました。

2002年。
1号館のオープニングの最初のイベントが僕の「棄てられた街」の巡回展でした。
2003年には「湾の篝火・挿絵原画展」をやり、
2004年には「LAND・SCAPE」展をやってからパリに留学したのです。
その時のパネルディスカッションで、僕は
日本大通りの突き当りにある倉庫を壊して海に出られるようにするといいと提案したのです。
それが、どういうわけか実現して、象の鼻パーク辺りの景観が出来上がってきたのです。
都市計画、景観計画というのは、誰しも納得するようなことになるものですね。

桜木町の殺風景なコンクリート高架。
早く、何かやったら人々の回遊動線が出来てくるのです。

記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


木蓮

2017/03/21 05:52
大船駅前。
毎年。木蓮が咲いてくる。
2月からだんだん蕾をつけ、
3月に入ると花開いてきました。
大柄な花弁がいっぱいの木蓮は大好きです。

画像


画像



ビレッジから帰り、昨日20日の状況。
画像


これから、一気に茶色く変わっていって、散り始めます。
花の最後は悲しくもあります。

記事へガッツ(がんばれ!) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0


稀勢の里 勝つ!

2017/03/20 18:12
大相撲大阪場所9日目、琴奨菊に勝って、これで連続優勝はほぼ手中に入れたと思います。
ライバル琴奨菊が最も怖い相手。
技の稀勢の里。脚が長い。琴奨菊は短足で腰が低い、押し相撲。同じ左四つとは言え、違うタイプの力士。あの、低い姿勢からのガブリに遭うと難しい相手。立会いは琴奨菊でしたが、上手く左ではたきながら、突き落しました。

今日は弟・弟子高安も9勝。対戦が楽しみです。

放送の中のアーカイブによりますと、大阪には東京の国技館の1.5倍。収容2万5千人という大阪国技館が
あったのだそうです。3場所やっただけで、敗戦とともに、戦後大阪と東京が合併して、大阪国技館は解体されたそうです。そんな大きな大相撲会場が有ったとは。

大阪の大相撲ファンにとっては
やはり悔しいところあるのでしょう。

甲子園も初日から満員だそうで、
喜ばしい限りです。
今、関西は大相撲と高校野球とでとてもハイになっています。
記事へなるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 1


IAV 3月 イベントデイズ 終了

2017/03/20 04:29
『伊豆の国アートビレッジ便り』のブログに全体のレポートは載りますが、僕のブログでは僕の活動を主に報告して置きます。

土曜日の尾立先生の物理学講座。20名の参加で、とても勉強になりました。質問がどんどん続き、予定時間から30分も過ぎてしまいました。核廃棄物の半減期をグッと速める事を目指す研究には皆さんとても注目でした。

講演後、明尾さん講師の草木染。僕はキコリ・山道開拓で忙しく、参加出来ませんでしたが、タンポポを摘んで来たり、桜の🌸が、欲しいなと言ったら、神宮さんが何処かから調達して来てくれたり。
日曜日には、藍染を午後3時過ぎまでやっていました。映画『あい』上映会の時の
実行委員のマーク用にハンカチ20枚を染めてもらいました。

僕は日曜日朝4時から1時間かけて、大浴場に保管の『廃墟シリーズ』作品パネル23枚を玄関まで運び、朝食後に尾立先生含め、全員に手伝ってもらい別館へ運びました。大浴場はすっかり空いたので、床張りも進行、完成をみました。4月には道具の移動にもかかれ、壁に木製パネルを張ったりの工事をして行けます。
新工房での作業は5月からスタート出来そうです。

山道開拓。新しいルートの登り口に階段を作らないとならないね、と北川教授が言い残していたので、僕は再度行ってみました。
何と、昔の土砂崩れ後の擁壁工事の時の階段跡が出て来ました。
鉄筋の支柱がすっかり埋もれていたのです。
枯葉が堆積して土化して行く厚さと云うのは凄いものがあるのですね。

画像


日曜日の午前中は障がい者施設への支援作品の持寄りをしました。いる人も集まってもらい、値段付けの意見を聞きました。天野寛子先生、宮崎信恵監督は、流石ズバズバ、貴重な意見を頂きました。
加茂さん堀内さんのステンドグラスアクセサリー。
画像

1,600円。

中西繁抽象画作品
画像

2,000円。

秋田昌俊木工作品。
画像


500円〜2,500円。

売り上げ配分は。
施設50%、作者30%、IAV20%と、します。

火曜日にでも施設に提案して来ます。

連休の日曜日でしたので帰りの車はかなりの渋滞でした。
記事へなるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0


新・秋田木工房

2017/03/18 04:35
木工房を移動すべく、大浴場の浴槽をふさぐ工事。秋田さんと西川さんとで。
凄く順調に進み、2日目に完成。
画像


黄色のコンパネが張ってあるところが浴槽だった部分。

午後に北川教授が到着。

西川さん共ども山道の整備に。まずAルートを。太陽光発電のパネルが、
上の方に伸びてきたので、山道も変更する事に。倒れた樹をチェーンソーで除却するのが大変でしたが、
いい運動になりました。

画像

画像


画像



休憩後、4人で大浴場に置いてある頂いたフローリングの材料を整理。
新・秋田木工房に敷くフローリング材を床に仮置きしました。
昨日はそこまで。
画像

温泉に浸かっている時に思いつき、鈴木設備の社長さんに電話。
その夜7時ごろ来てくれて、木工房に水道の蛇口を付けるべく、見積りを依頼しました。

いろいろな事がどんどん進んだ一日でした。

到着した日の富士。

画像
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


番トラ

2017/03/17 05:22
伊豆の国アートビレッジには、全身の名古谷温泉時代の虎の木彫が有ります。
かなり、独特のイメージなので木材置場に眠らせていましたが、
今朝4時に起きて、
思い切ってピンクに塗ることにしました。
画像


画像


画像


塗ってて、わかったのは、オチンチンが無いのでこのトラ、メスですね。

画像


ピンクに塗ったら可愛い。

番犬ならぬ、番トラです。

名前募集します。


昨日からビレッジに来て、秋田さんと西川さんとで大浴場を木工房にすべく、まずは浴槽に床を張る工事をやりました。
本日床が張れそうです。
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


傑作 天声人語

2017/03/16 02:27
15日付 朝日新聞 「天声人語」 印象深く。
紹介したいです。

関西弁の方には悪い気もしますが・・・。

画像


と、言うことで、70年大阪万博は凄かったけど、これから二番煎じになるような大阪万博招致は慎重にした方が良いと思います。

橋下さんの時もそうですが、大阪経済が凹んでいる、東京に集中するから。で、東京に張り合って『大阪都構想』。日本全体の問題点を、大阪第一っていう観点からやろうとし過ぎないかと思うのです。
僕が首都圏に居ての気持ちかも知れませんが、地方の方はとかくその地方第一になりがち。大相撲大阪場所。昨日の取り組み、豪栄道・貴の岩 戦。最後の仕切りに会場は豪栄道コール!。大阪出身力士を応援するのはわかりますが、両国国技館ではそんなのありません。それぞれの力士の応援は構いません。しかし会場全体が地元力士コールは、見苦しいと、『江戸ッ子』は思います。『大阪』はそう言うところ有るんです。
豪栄道がころっと負けた、大コールの後だからこそ、余計、惨めに見えました。
大相撲は、大コールはいけません。力士がペラペラ喋ったらカッコ悪いのと一緒や、(笑)。
記事へなるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 3 / トラックバック 0 / コメント 0


稲田防衛相は辞任すべき

2017/03/15 03:12
生意気そうな表情、喋り方で前から嫌いだった稲田朋美防衛大臣。

森友学園問題では真っ赤な嘘を言っていました。
訴訟の弁護士であるのに籠池氏とは関わり合いが無いと言っていた。

訴状に弁護人となっているではないかとの質問に、弁護士事務所なら名前を連なる場合があると逃げていた。

実際は法廷に出ていた。証拠の文書が出て来てしまった。
逃げられなくなり、「忘れていた」とする。


そんな、
優秀な弁護士ともあろう者が忘れるわけがない。

安倍首相もそうだけど、嘘を平気で言う。酷いものです。

嘘を言ったり、言葉のあやで逃げ回ったりする能力があるだけで、
誠実さ、正義感が全く無い。

防衛相を辞任すべき。
国会議員の資格さえない。
記事へナイス ブログ気持玉 4 / トラックバック 0 / コメント 0


インスタグラム INSTAGRAM 

2017/03/15 00:27
5日前からインスタグラムというSNSに投稿し始めました。
27枚掲載しました。
全てケイタイから投稿しています。

だんだん慣れてきました。

一部削除したりして自分の作品だけに整理しました。

これからは基本的に僕の作品を掲載することにします。
インスタグラムのシステムなのか、初めの登録ネームが Shigeru1909 となっています。
順序は掲載順なのと分類は出来ないようです。旧作、新作、順不同ですが思いつくまま。
だんだんと総作品集になって行くかもしれません。

画像

この「TAMES SQUARE」 の一部をプロフィールの写真としています。
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


長谷川利行

2017/03/14 08:07
デ・キリコさんからの質問。長谷川利行についてコメントをということでした。

早逝の画家として村山槐多、関根正二、長谷川利行はよく引き合いに出されます。
多分に「信濃デッサン館」が所蔵作品で評価して来たきらいもあります。

共に才能を感じさせながらも早く死んでしまったので、実際の作品では秀作は少ないと思います。

長谷川利行の場合、「都会風景」でしたか、中間色で一気に厚塗りで描いた8号ほどの作品があります。
これなんかはフォーヴの感じで良いと思いますが・・・。あまりにも作品の体系に至っていません。

村山槐多の場合、高村光太郎との交流や詩や文章で才能が尋常でないことは推測できますが、
僕の知る限り長谷川利行は、「わからない」というところです。

僕はしたがって、あまり評価はしていません。個人的な印象です。
業績を、評価をする方から教えを頂きたいくらいです。
記事へブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 1


映画「サバイバル・ファミリー」

2017/03/14 04:39
3.11 6周年 のこの時期に公開したのは災害時の関心から観客動員にはいいのではとの事と思いますが、僕はそれより小日向文世さんの演技に関心があってのことでした。(この時期、観たいような映画が無いのです)
ですからさほど期待はしてなかったのですが、期待を裏切り面白かった。勿論一部不自然なところもありましたが・・・。

ある朝突然電気が点かない。TVもラジオも点かない。ケイタイも繋がらない。電池もパワーが無い。電波も電磁波も何も反応しなくなる。自分の家だけかと思うと、マンション全体がそう。駅までの地域全体がそう。東京全体がそういう状態のようだ。関西以南は動いているという「うわさ」だ。

夜は蝋燭の灯りしかない。

水道は止まってしまう。

夕食はカセットコンロ。

2日後には

スーパーの水、食品は全てなくなる。

ペットボトルの水は一本2500円まで値上がりする。

みんな、故郷の田舎に疎開して行く。

車は動かない。電車も無い。

歩くか、自転車しか移動手段はない。

母の故郷鹿児島に向けて4人の一家が避難行に。

そこに待ち受ける様々な困難。

これ以上は書かないほうが観る人のためにいいですね。




2度は観たくない映画。

でも、是非一度は観ることを勧める映画です。

少し、人生観変わります。(笑)
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


木村忠太展

2017/03/13 04:43
アカシア絵画勉強会で、皆さんに画集を2冊紹介した木村忠太。
いま高崎駅近くの高崎市美術館で、生誕100年展を開催しています。


画像


画像


木村忠太は兼ねてから尊敬する作家です。具象から、抽象へと発展しただけでなく一度描いた作品を壊すように重ね塗りした色彩の美しさ、造形の魅力。相当な決断力がないと描けない絵だなと思っていました。
画像

この展覧会では、デッサンも展示されている為、創作過程が垣間見れます。
僕としてはわからなかった部分が解明された展覧会でした。

画像


画像


創作過程の不明な部分。
木村忠太は、大きな作品でも、何点も並行して制作していたことでした。ですから、具象に拘らず描きかけの絵を、次にどうするか、その日の新鮮な気持ちを重ねていく方法だったのです。未完のままほったらかして、違う感覚を重ねていく。その、常に進行形の制作態度から来る結果だったのです。

高崎市美術館とは、市立美術館ではないようです。
所蔵作品を中心での展覧会。なかなかの、所蔵作品です。
敷地内に元オーナーの自宅が木造平屋建ての建築が保全されています。
とてもいい建築でした。
記事へなるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 1


第6回アカシア絵画勉強会 2

2017/03/12 06:11
ナターシャさんは体調が良くないと言うことで、来られませんでした。
9名で楽しくやりました。
画像


何人かは、イギリス館のガーデンをスケッチしました。

僕はシクラメンをちぎり絵で。

画像

モデルは白いシクラメンでしたが、バックが紙の色でしたので、赤にしたのです。
画像

藍工房の仲間たちは1時間半では、線画の段階が多かった。
前回のを必ず完成させて持って来てくれます。
画像


画像

ランチは『お好み焼き』。
3ヶ所でそれぞれ勝手方法で。
美味しかったです。
画像


この日は僕から少しお話しをしました。
以下要約。

はるかやミカや、ミキに初めに会ったのはパリ、モンマルトルでした。それから数えると12年半。帰国して藍工房を訪ねて、絵画勉強会を開催して来ました。最初の勉強会が終わったあと、ミキちゃんと、階段で会った。ミキちゃんが早口で聴くので、3、4回聞き直さないとわからなかったのですが、『私、才能がある?』と言うことでした。『才能あるよ!』と僕は答えました。
その後展覧会などをやって来たのですが、後援会のOさんも絵を描いて来ました。立派な人ですが、真面目に描いて来ましたものの、ちょっとつまらない絵にみえます。それに比べて皆んなの絵は大胆で、面白い絵でしたね。障がいを持っているのだけれど、形や色の感性ではとてもいいものを持っています。僕もとても勉強になった。皆さんは方程式を解くなんかは苦手かも知れないけど、普通の人にない感性を持っている。それを磨いて来ました。だから障がいと言うのは一種のその人の個性なんです。
人間を、地球全体の生きものの一部と捉えると、例えば犬は、言葉は喋れないけど、嗅覚は人間よりも格段に優れている。聴力も人間の聴こえない音まで聞こえる。鳥は、目も良く見えるし、地球の磁力を感じることが出来る。そのように生きものはそれぞれ違う能力を持っている訳で、人間もそれぞれ違う能力を持っている。だから自信を持って楽しく絵を描いて行ってもらいたい。

こんなことを話しました。
ミカは、今日はとても鬱ぎ込みがちでした。波はあるよね。

この日は、木村忠太の画集を紹介してみてもらいました。



次回5月のテーマは、『水の風景』。

また、やりましょう。
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


第6回 アカシア絵画勉強会

2017/03/11 02:59
3・11 震災記念日。

帰還、仮設住宅、フクシマ。全く政府の対応は酷いものです。
廃炉の見通しは全くたちません。放射能廃棄物がどんどん溜まって来ています。
東芝は原発事業で破綻しかけて、どうしようもない状態。政府と目論んでいる原発輸出もキャンセルされて
破綻しています。
政府は南スーダンから、やっと撤収を決断したようです。
辺野古も強行していますが、何としても止めないといけません。課題は山積です。

アカシア会。

二転三転した結果、ロシアから来日中のナターシャ・Hod が来てくれることになりました。
彼女はモスクワで精神障がい者のカウンセリングを仕事としている心理学者。

参加して下されば何かとアドバイス頂けるのではないかと思って、昨年来日の時からお願いして来ました。
娘さんのポリーナ、お孫さんのユミとの都合上何度となく予定が変わってきたのですが、昨日のメールでは来て下さるとのこと。大歓迎しようと思います。

今回のテーマは 『ガーデン』。暖かければ向かいの英国館の庭に出ようと思いますが、寒かったら手持ちのアトリエの花を描きます。

ランチは 『お好み焼き』。ナターシャはまだ食べたこと無いので、ジャパニーズ・クレープ、やります。
この際 『もんじゃ』というケッタイなものも。材料は揃えてあります。切餅も。

ホットプレート、電磁プレート、カセットコンロと、3ヶ所同時で焼きます。

エリちゃんも来ますので、赤ワインかな?
記事へナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 1


自閉症のひとのアート

2017/03/10 06:38
The Ashahi Shimbun GLOBE  2017・3・5 より


アスペルガー症候群と最近言われる自閉症。



金沢市在住 松元伸乃介さん(27歳)の作品

画像


動物の多様な形 生き生きとした表現 集合の見事さ


松本市在住 中沢要明さん(41歳)の作品

画像



精密な繰り返し 微妙な変化 波打つような微細な動き



共に凄い時間をかけての努力の結果です。
そうしたこだわりと粘り強さは驚異的です。


今日から≪インスタグラム≫に登録しました。
ハンドルネームは  Nakanishi Shigeru 。
写真紹介を中心としたSNS。Facebookの関連会社です。
作品写真を主に掲載します。


8年前からFacebookにも登録しておりますが、
そちらは煩雑になるので記事掲載していません。
記事へなるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0


制作研究会/何の為に絵を描くか

2017/03/10 01:52
いくつかで、絵画研究会をしています。
そこで、自戒を含めて感じる事を書きます。


東光会とか、日展とか、応募作品を見て欲しいと言う方がいます。

僕も、会の研究会に持って行って先生方に批評してもらって来ました。

日展などは、1点しか応募出来ませんから大変です。
何を描くか、テーマが、一番の悩みです。



この、何を描くかが問題です。



絵柄を覚えて貰いたいと同じ絵を描きがちです。



一度受賞したり、日展に入選したりしますと、
また同じ絵を描いて行きがちなんですね。
落選したくない、また賞を貰いたいと。

慣れた絵は確かに習熟して行く事もありますが、
2、3回同じような絵を描いて行くとマンネリになって、
あまりいい絵にならないのです。
始めて描くテーマ、構図の方がいろいろ苦しんだ結果、
迫真の絵になるように思えます。

団体展に毎年全く違ったテーマで、
然も水準の高い作品を描いて行くと言うことは大変な事です。

安全牌として、毎年同じような絵を描いて行くのは
絵画人生として、勿体無い事です。
何の為に絵を描いているのかわかりません。

年齢の問題もあります。
僕はかねてより、いろいろな作家をみて、
65歳くらいが画家のピークだなと思っています。

ピカソや片岡球子など、天才は例外のような気がしますが、
普通の作家は65歳過ぎると大体同じような絵を描いて、発展はありません。

自分もその年齢を過ぎてるのが現実。
そこで、こうして自戒しながらあがいている訳です。

若い方はもっと作風の発展を意識しなければならない。
一作一作新しいテーマに挑戦しなければいけない。
もしくは、長い絵画人生の長期ビジョンを立てて、
全体としての構想の中での連作と言うプランを立てないといけない。

自分は何の為に絵を描くのか、何を訴えたいのか、
そうした事を普段から良く考えておかなければならないのです。
その長期の計画から、必要ならば苦手な事も描かなけれざならないし、
上手くいかない作品も出来てしまいます。しかしそうした努力があって
始めて作家としての有意義な仕事をしていると言うことになります。

アルフォンス・ミュシャの50歳からの
17年間の大作群を観て考えさせられました。

僕は53歳で、建築家を辞めて画家一本になりました。
そこでの計画は、戦争や大災害にやって破壊された街を描く。
その事は人間の、人類の罪、罪悪を絵で表現して行くこと。
それは、勿論、素晴らしい人類の未来の為にこそある。そうした観点で、
仕事をしていこうと考えたのです。

自分ではそれが『廃墟と再生』と言う一群の作品になったと思います。
だいぶ不十分な水準ではありますが・・・。


66歳で日展・東光会を辞めたのも、丁度いい年齢だったかも知れない。
あの先、日展に居たら、上の人の顔いろを見ながらの仕事になって居たと思います。

団体で続けることを否定はしません。それぞれの生き方ですから。

ただ日展の幹部の絵をみれば、
相変わらず同じような絵を描いているなとは思います。



自分は何かもっとやりたい事がある、
と思ったからです。

近年は障がい者の方々が描く絵にとても惹かれるものがあります。
純粋ですね。


さて、これから自分はどうするか?
作家人生は
もう下り坂。

そこでこれからどうする。

「それが問題だ」なのです。



記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


4月 コミュニティー寄金 のお願い

2017/03/10 00:18
伊豆の国アートビレッジ コミュニティー寄金のお願い       
     2017年4月1日〜30日

                           
伊豆の国アートビレッジ  代表中西繁



4月の経営委員会を前に2月までの会計状況を計算してもらいました。
詳細な決算報告は3月末で〆て、公開しますが大雑把な見通しを報告します。

収入73万円
支出50万円
残金23万円      です。

収入は寄附がほとんどで、使用料収入は32,000円でした。
今年度はチェーンソーを買ったり、ホットプレートなども買いました。
水光熱費+雑費の基本的な支出だけを算出しますと年間33万円です。

繰越金予定は23万円ですから10万円足りないことになります。
今年度から駐車場使用料を5万円お支払しようと思っています。
したがって、15万円がまず不足する見通しです。

昨年スタートした4月の寄付月間。昨年4月の寄付は合計22万円でした。
IAVの経理は非営利団体と同じように単年度決算で残金を残さないように、ギリギリ倹約していきたいと考えていますが、今年の12月までは持たない見通しです。

したがって、本年も「4月寄附月間」をお願いすることにしました。


≪小さな理想郷≫
     みなさんの心の交流の場です。


伊豆の国アートビレッジ コミュニティー寄金

   一口5,000円でよろしくお願い致します。

ゆうちょ銀行口座 
口座番号  10260−73520451    
名義     「伊豆の国アートビレッジ」



4月1日〜30日までです。

記事へナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0


閑日につき

2017/03/09 20:38
先日、山手アトリエで制作中の「カダケス 夕景」がほぼ完成。
3枚とも吊り揚げました。これで、11日のアカシア会の会場設営が出来ました。

画像


今日は一転、ミニの制作をしました。障がい者施設のバザーに出すものです。
値段を言ってなんですが、池田市の個展ではハガキ大の作品は1万円で。
とても好評で、追加して10点ほど売れたのでした。

今回は抽象です。モダンなお部屋の飾りにと。

画像


画像

画像

画像

画像

画像

画像

画像

ハガキ大ともう少し大きいのと、何点か完成させました。
バザーなので2,000円ぐらいで出そうかなと思っています。

暇になったのでリペア―メントをしました。
ユニクロのタートルネックのシャツ。黒を10枚以上、白を5枚かな、持っています。冬はいつもこれなんです。
スティーヴ・ジョブズはいつもGパンに黒のシャツ、ニューバランスのスニーカーでした。これにはエピソードがあります。日本に来てSONYの工場を見学したのだそうです。そこで、皆さん制服を着てきちんと作業をしている。これだと思って、イッセイ・ミヤケに頼もうとした。アップル本社の会議に掛けたら大反対にあってぽしゃった。仕方なく三宅さんに、自分のために何か作ってくれと、話をつなげたのです。イッセイ・三宅は黒の半長袖、半タートルネックのシャツをデザイン。100枚同じものを納品したのだそうです。それで、毎日、毎日同じデザインのシャツを着ている。(笑)
かようなことで、「黒」は永遠の流行色。僕も、いつも黒なんです。

ユニクロのシャツは品質いいです。が、やはり何10回と洗っているとやはり色あせて来ます。紫外線焼けもするかな?それで、裏返して着ると真黒ではあります。

夏に向けて、2枚、Tシャツにリペア―しました。簡単なものです。切るだけ。
画像

画像

囚人服のよう。ジョギング用ですね。
画像

切った袖はそのままレッグ・ウォーマーに。
画像

ハイネックは切り口を内側に折りこんで、ネック・ウォーマーに。ヘアバンドにもなりますね。

裁縫もやります。
最近は縫製用セメダインという便利なものがありまして、アイロンで押すと瞬時につきます。かなり強力に着くのです。勿論針と糸も使います。自分の着るものは全て自分で直しています。
主婦要らずなのです。(笑)

今日は、昼寝をたっぷりし過ぎました。
夕方の散歩に出ました。
画像

栄光坂の左手に入ると住宅地の中に池があります。調整池です。
画像

月も出ていて。
画像

鴨はもう寝ている。

画像

画像

ここは桜の隠れた名所です。
もう、1本咲き始めました。
明日も終日、暇です。
記事へナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0


映画「ハケン」製作推進会議 情報

2017/03/09 09:52
昨日、山本洋子さんが共同映画社に赴き、サイトの情報ルートを協議して来てくれました。
従来、私のブログでしか詳しい情報をネット上は無かったのですが、「共同映画社ツイッター」をメインにすることになりました。まだ記事は1本ですが、昨日載せました。

検索方法

info@kyodo-eiga.co.jp  共同映画社HP です。

検索エンジンからは

「共同映画」 (渋谷) を。

(  「共同映画社会社案内」は1ぺージだけでHPではありません。)

HP

画像


「ハケン」の画像がありますが、さらに右に行きますと「ツイッター」のリンクのマークがあります。
それをクリックして頂くと、「共同映画ツイッター」に行きます。

画像


これが本日の記事

「時の行路」映画化製作支援会員・映画化製作会員を募集!!

左手にメールマークがありますので、こちらからツイートして下さい。


6日に名古屋では8名の方々が集まって会議をしました。

僕の方では東京理科大学OB会で集まった方々に訴えようと、推進班を作る計画です。
当時の「自主上映」サークルのメンバーにひと肌脱いでもらいます。
理科大でひとまとめして行きます。


以上よろしくお願いします。
僕のブログは、「映画化」については少し
肩の荷降ろさせてもらいます。
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


アルフォンス・ミュシャ展

2017/03/09 02:25
昨日から開催された壮大な、世紀の展覧会です。

チェコが生んだ国民的画家ミュシャが晩年17年間をかけて民族の壮大な叙事詩20点を描き上げていたなどとは知らなかった。チェコから始めて出た作品。日本での開催は両国の友好70年と国立新美術館の高い天井のスペースがあったからこそ。高さ6M、長さ8Mという巨大な作品が6点ほど、その他も4M×4.8Mなど合計20点の組絵画。

ちなみに、ルーブル美術館にある最大の絵画 ダビッドの「ナポレオン1世の戴冠式と王妃ジョセフィーヌの戴冠」が6.2M×9.8M。  ピカソの「ゲルニカ」が3.5M×7.8M。

今僕が描いている「カダケス」が2.5M×9.5M。 (笑)

画像

画像

画像

画像

画像

画像


最も時代が後の最後の作品だけが若干未完の部分がありましたが、その細部まで克明に描いた描写には全く驚きました。しかも1912年から1939年というアールヌーボーからアールデコの時代だからこそ、古典的ではなく現代に通じる象徴性もあり、幻想的でもあり、時空を超えたモダン性もあるという凄い作品。

(私見ですが、日本の国立新美術館のライティングは世界最高峰。ミュシャの絵はまさに光を放って見えます。)

ミュシャは、スメタナの「祖国」に匹敵するような絵画でのスラヴ民族の叙事詩を描くのを目標にしたという。あの、アールヌーボーの流麗な女性像のイメージからははるかに超える壮大なことを最後の仕事としたことを初めて知りました。

世界は広いと言えども、その他ではなかなか出来ない展覧会です。久々に感動した展覧会。
6月5日まで。お勧めの展覧会です。

画像


画像

画像

画像


いわゆる、劇場用のリトグラフのポスターも勢ぞろいし、ミュシャ デザインの貴重な装飾品も展示され、観るのにたっぷり2時間はかかります。


蛇足ですが、こういった巨大な絵はどうやって運ぶのか?ということですが・・・。
これらの絵は布のキャンバス。一作ずつ捲いて、専用ケースに入れて運びます。
今回は輸送の飛行機は1機では終わらず2機で運んだ。
美術館で金属のフレームに、キャンバスの周りにあけてある穴に紐を通してフレームに張ります。その周りにノックダウンの額縁を組み立てる。今回、展示までの作業は10日間かかりました。


追伸
大事なことを書き忘れていました。

ミュシャは1939年7月に亡くなるのですが、それはプラハがナチスドイツに寄って占領され、
ゲシュタポによって捕らえられ過酷な拘留の結果体を壊して亡くなって行ったとのことです。
記事へなるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 1 / コメント 2


国際女性デイ

2017/03/08 04:56
3月8日。本日は国際女性デイ。
実は、朝刊で知りました。

女性は「花」に例えられる。

象徴の花は「ミモザ」だそうです。

画像


山手アトリエのベランダの真前の庭園には大きなミモザの木があって、毎年春、綺麗でしたが、いつの年だかに無くなってしまいました。

ジェンダー・ギャップは日本は144か国中111位だそう。明治、大正、昭和でも、昔の小説を読むと男尊女卑ははっきりしてますね。今日の日本では絵の世界でも、映画を観に行ってもどこでも女性の方が多くて元気なように見えます。男は何しているのかと、思うこともありますが、社会制度や習慣からすると日本はとても遅れているのですね。

先月観た映画で「未来を花束にして」をブログに書きました。

少し再録しますと。
画像


原題は「SUFFRAGETTE」と言う難しい英語。調べてみましたら「組織された抗議を通じて投票権を求める女性」という意味。女性の参政権を獲得して行った時代に生まれた言葉なのでしょう。邦題が適切かどうか?
もっとストレートな題名の方が良かったのでは?

1921年のロンドンが舞台。洗濯工場の厳しい労働の場面から始まるところは山本薩夫監督の「野麦峠」を彷彿とさせました。カメラはかなりアップの連続で緊張感がずっと続きます。
ドレイのようにこき使われる女性。工場の男性上司は意地悪く、男性優位の時代の女性労働者の境遇が描かれる。オックスフォード・ストリートで、「女性に投票権を!」という運動に出遭う主人公モード・ワッツ。女性運動家たちは議会に嘆願する。しかし、すべて男性が政治を握る議会は無碍なく却下。抗議運動は警察権力によって暴力的に弾圧され、参加者は次々と投獄されて行く。参政権を求める女性は職場でも近所でも、家庭でも白眼視されていく・・・。


最後の字幕で女性参政権が確立された国とその年度が出てくるのですが、「日本」は出て来なかった。太平洋戦争まで女性参政権はなかったし、敗戦によって新憲法でやっと確立されたのが実情。国際的には各議会の構成も女性を同数にするべく、候補者も増やしていかなけらばならないというのが今の課題です。育児、保育所問題などはひどい遅れですね。

この「SUFFRAGETTE」(サフラゲート)という英語に相当する日本語の言葉さえないので、題名は難しかった。柔らかく「花束」で女性を象徴したのでしょう。

実はこの映画を見た時に映画「ハケン」もこうした映画にならないかなと思ったのです。結末は悲しい。いまだ女性参政権は程遠いところで物語は終わっています。しかし、その後の世界の展開を字幕で語って、素晴らしい闘いがあって今日を迎えている。派遣労働の実態は政府・財界が一体となって労働者を使い捨てにして行く体制をますます強化している。こうしたことへの抵抗が歴史を作って行くのではないですか。


「花より団子」ということもあります。僕なんか「団子」を取ってしまうタイプなので考えないといけません。でも、今年は山手アトリエにも花の鉢を再度置いています。
画像


実は昔はベランダに花は欠かさなかったのです。しかし、展覧会などでの長期の不在が花を枯らしてしまい、パリ留学に際して花を止めてからずっと鉢は置かないことにしていたのです。1月の正月明けでしたか、石川町駅のすぐ隣の「はなこ」の開店時間に出くわして、苗を買ったのでした。鉢に移し替えないとしおれてしまうので、山下町のホームズに行って鉢を4つ選んで来たのです。アトリエの窓際に置いていますが、時々陽をもっと浴びせたほうがいいかと、ベランダに出したり。育て方はよくわからないのが実情です。

先日、1年もほってあったミモザの蜜蝋画を完成させました。プロバンスで出会った大木です。水彩で描いて、蜜蝋を塗って置いたのですが、未完成のままでしたが、アクリル絵の具で加筆して完成させました。
どちらかと言うと僕の従来の表現とは違う絵になりました。

画像


蜜蝋画というのは中世からある技法なのです。なぜなら、蜂蜜もそうですが、蜜蝋も決して腐らないのです。柔らかいけど付着力がある。絵具も蜜蝋に覆われた時何とも言えない柔らかさに変化します。描写には難しい側面はありますが、思いがけない効果もあるので、時々遊んで行こうと思っているところです。

芸術の世界では女性は特に活躍しています。
講談社から送られてくる「本」の表紙。昨年からタムラフキコさんと云う方のイラスト。
2月号。
画像

神楽坂。伊勢籐の前を通り過ぎて石畳の路地を降りて行きますと、右側に執筆旅館で有名な和可菜があります。そこを振り返って描いた絵。素晴らしい絵ですね。作者の言葉によると女将は93歳。野毛の武蔵屋のお母さんとほぼ同じ歳。とうとう休業になったとか。一度見学でも出来ないかなと思っているのですが、もう無理ですね。
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


夢にトランプさんが出て来て、

2017/03/07 18:46
昨日の真夜中、夢にトランプ大統領が出て来て、映画『ハケン』の制作資金として、
6,000万円出してくれたのです。ワオー、と言う感じで、これで映画も進める事が出来ると、嬉しかったところで目が覚めて、

時計みたら23時30分だったのです。
なんか、背中にスイッチがあるようで、話しながら背中を擦るのです。
その度お金が決まって行くのでした。

夢から覚めてガッカリ。
なかなかお金が集まらない現状を反映しているのですね。

名古屋は6日、8人集まって協議したとのこと。
3月25日には高松で旗上げします。かなり熱がこもっている感じです。

理科大OB会で推進支部発足してくれるかもしれない。
動き有ります。

この4月.5月が大事です。
やりましょう。!!。



一方で、トランプ、安部。北朝鮮のミサイルに反応して、軍隊動かそうとし始めます。北朝鮮は、ガキ大将が悪さする感じでやっていますが、僕からすれば皆んなグル。戦争したがる連中が、国民を騙しだまし、
戦争にもって行きたがっている感じを受けます。戦前の満州事変とは違って居ますが、じょじょに戦争体制へ。国内での立法措置もどんどん進んでいます。治安維持法が出来た時のようです。
記事へガッツ(がんばれ!) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 1


障がい者施設支援 作品

2017/03/07 01:48
1月18日付のブログ「幸福鳥」で書きました通り、鎌倉市台3丁目にありますNPO法人ひかり(地域活動支援センター)に何かIAVでの制作作品を提供したいと考えて来ました。

今度、3月のイベントデイズの機会に秋田さんに「木工」。加茂さん、堀内さんには「ステンドグラス」の作品提供をお願いしています。僕はミニの抽象画を5点ばかり準備しつつあります。

それで、長い目でみて、ただ提供してもらうのでは長続きしないのではと思います。材料費もかかるし、作者への最低限の還元も含めた規定を作りたいと思います。最初の「案」です。スタートしながら、だんだん改善して行きたいとは思います。

障がい者施設支援販売作品規定案       2017.3.6


委託販売とする         搬入IAV    返品 受託者
パッケージ 値付け       販売者
その他 通信 宣伝 経費   IAV

1年間ぐらいで売れなかった作品は返却

売り上げ配分

販売価格     100%       2,000円 (例)

配分
販売者       50 %        1,000円 
制作者     30%          600円
IAV        20%          400円



最初の運転資金は中西哲也氏の寄付1万円を当てます。
IAV財政の中ですが、独立計算して行きます。


今後、染色作品、織り作品、陶芸作品などIAVでの作品が、
活発に出来てくるようになるといいなと思っています。
参加者を募っていますのでよろしくお願いします。

在庫管理、会計とか仕事の分担も出て来ますね。


追伸

秋田さん、ありがとうございます。
今ある木工作品も参加させて下さい。
4月に鎌倉市役所でのバザーで、売れていけば勢いつきますね。

記事へブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 1


IAV 17年度 経営委員会

2017/03/06 16:58
下記のとおりIAV17年度経営委員会を招集します。



伊豆の国アートビレッジ 2017年度 経営委員会  2017.4. 15


2017年4月15日(土) 午前10時から12時(お弁当を用意しています)
               工房A にて
2017年度 経営委員(任期残1年)
     代表 中西 繁 
     委員 矢部 洋
     委員 渡辺豊博
     委員 西川孝男
委員 中西直哉
監査 天野寛子


議題

@  2016年度会計報告

A  2016年度活動報告

B  2017年度活動方針

地元サポーターが確立  創作活動が本格的に始動  参加者の増大
「あい」伊豆の国市上映会 
太陽光発電所工事完成

イベントデイズ 予定 第3金土日  
     講演・イベントは土曜日
     ワークショップ等は日曜日
     4月、5月、6月、7月、8月、9月、10月、11月、12月

創作活動 木工 作陶 染色 織り 絵画講座
野外活動  山道作り 竹の切り出し 椎茸栽培 庭作り 野外活動



当日までに決算報告その他、議案は準備して行きます。




イベントデイズの予定

IAV 2017年イベント予定

毎月第3週末をイベントデイズにします。
メインイベントの設定は土曜の午後を基本にします。その前後を各種実習講座など。
金曜日準備日 土曜日イベント日 日曜日イベント予備日

1月  
    21日(土)1:30〜3:00講演 高橋誠氏(駒の湯源泉荘社長)
                      「畑毛温泉の歴史」
    22日(日)10:00〜11:30 「あい」上映実行委員会
2月
    18日(土)1:30〜3:00 講演 矢部洋氏(三島協立病院理事長)「健康の話」
    19日(日)10:00〜11:30 「あい」上映実行委員会
3月 
    18日(土)10:00〜11:30 「あい」上映実行委員会
           1:30〜3:00 講演 尾立晋祥氏(東京理科大学教授)
                      「やさしい原子物理学」
    19日(日)9:00〜15:00 染色ワークショップ 
4月
    15日(土)10:00〜11:30 「あい」上映実行委員会
           10:00〜12:00 経営委員会
           1:30〜3:00 講演 滝沢岩雄氏(毎日新聞社)
                     「ジャーナリズムについて」
    16日(日)9:00〜12:00 作陶ワークショップ                   
5月 
    20日(土)10:00〜12:00 中西繁絵画講座
           1:30〜3:00講演 芹沢憲一氏(医師)
                「過労死と言い出した医師」
    21日(日)9:00〜12:00織り
6月 
    17日(土)10:00〜11:30 運営委員会
           1:30〜3:00講演 朱城忠氏(三島市)
                       「脳性麻痺の私と障害者とは」
    18日(日)
7月 
    15日(土)10:00〜12:00 中西繁絵画講座
          1:30〜3:00講演 田口精一氏(劇団民藝俳優・演出家)
                          「滝沢修先生のこと」
    16日(日)
8月
    19日(土)10:00〜11:30 運営委員会
          1:30〜3:00講演 小野登志子伊豆の国市長
                           「演劇のこと」

    20日(日)
9月 
    16日(土)10:00〜12:00 中西繁絵画講座
          13:30〜15:00講演 高井祿郎氏(大倉精神文化研究所 理事長)
                            「横浜市行政あれこれ」
    17日(日)
10月
    14日(土)10:00〜11:30 運営委員会
           13:30〜15:00講演 北川和彦立教大学名誉教授
                         「旧五街道徒歩の旅」
    15日(日)
11月
    18日(土) 10:00〜12:00 中西繁絵画講座
           13:30〜15:00講演 正連寺住職 渡邉元浄氏  (予定)
                           「おてらおやつクラブについて」
    19日(日)
12月
    16日(土)10:00〜11:30 運営委員会
           13:30〜15:00講演 千葉商大名誉教授天野光則先生
                   「マルクス・エンゲルスが描く未来社会」
    17日(日)



以上です。

記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


日本のうたごえ70周年 記念歌

2017/03/06 01:44
昨日到着したうたごえ新聞。
創立70周年記念の「歌」を公募していて、その入選曲が4つ発表されました。
一つが「約束のうた」。
何と、木村泉さんの詩に高田龍治さんの作曲でした。

画像


世界中の子供が手をつないだら
世界中の大人たちも手をつなぐだろう
世界中の大人たちが武器を捨てたら
世界中の子供たちは手をつなぐだろう
ララララ 世界中の大人が武器を捨てたら
世界中の子供は笑顔になるだろう

やさしい、いい歌です。

が、僕は4行目、「世界の子供たちは手をつなぐだろう」と
同じ言葉が来るのはつまらない。そこは、出だしと違う、
「輪になるだろう」とか、発展したフレーズが欲しいと思いましたが・・・。
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


春ですね〜。

2017/03/05 07:52
日曜日の朝、大船駅前の木蓮。
画像

もうすぐは〜るですねえ。
暦の上では勿論春。

山手アトリエのすぐ近く。本牧方面に向かうとすぐ。ながい間廃屋となっている家が有ります。
画像

2軒隣はこんなに素敵な家。
画像

こんなに大きくなったローズマリー。小さな青い花をつけています。

山手本通り、ヒルトップ。横浜の住宅地で最も地価の高い場所にこんな空き家が。
ゲーテ座跡の隣ですよ。
画像

画像

画像

時々観光客の方が不思議そうに見て行きます。多分相続の権利が複雑で、動かせないのだと思います。
前から中西繁オープン・アトリエにもってこいの家だと思っているのです。

人気の元町商店街にも空き店舗が。
画像

ギヤッブも撤退して1年近くなるのでは?
画像


最近入って来るのはペットショップ。2軒も最近出店しました。
画像

僕は、犬、猫を売るなんて、と思うのですが。元町は愛犬をみせびらかしに来る人多いのです。みんな、『可愛い!』て寄って来て、飼い主は自慢げに。変な商店街です。


全国で空き家が増えているそうです。
尾道は憧れの街ですが、ずっと前から200軒も空き家があると言う。車が来れない坂道はご老人にはキツイ。横須賀も、坂道ばかりのエリヤは空き家だらけだそうです。三浦半島の先端三崎。マグロを食べに何度となく行きましたが、ここでも空き家がいっぱい売りに出されています。
いい風景のところなんですが。


空き家の活用はやって行かないと廃屋だらけになって行きます。
周辺でシェアして行くのも必要ですね。
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


今月の一点 

2017/03/04 22:24
2月は忘れてしましました。
3月の一点。


画像

「朝の運河」 (アムステルダム)F10号

昔、ネスカフェのコマーシャルにアムステルダムの朝の街が出ていました。子供の頃そうした映像を観て、行ってみたいなーと思ったものです。
記事へブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 1


やはり政府職員が同行

2017/03/04 04:19
今朝の新聞。
安倍昭恵さんが森友学園の幼稚園で講演した時も内閣総理大臣夫人付の政府職員が同行していました。きのう書いた記事と同じです。これが「私人」の行動でしょうか?
画像



別刷りBe.。
いつぞやブログに書いた「木枯し紋次郎」の主題歌。

「だれかが風の中で」

画像


いい歌ですね。

悪い奴らをやっけて、風のように去って行く。
現代も、紋次郎が現れて悪い政治家をぶった切ってもらいたいです。
記事へ面白い ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0


IAV 3周年

2017/03/04 00:50
昨日3月3日は伊豆の国アートビレッジ創立3周年記念日でした。
また、この日は母の誕生日。しかし、亡くなって戸籍謄本をみたら本当の誕生日は3月7日と書いてあるのです。その昔だから、おめでたい雛祭を誕生日としていたようです。今年の1月、映画「アラビアの女王」でしたか、横浜の黄金町の映画館ジャック&ベティで観たあと、鎌倉街道に出て、関内駅に向かうとすぐ甘納豆屋の前に来たのです。そこから思い立って、いつもの甘納豆を買って、居酒屋「武蔵屋」のお母さんを老人ホームに訪ねたのです。毎年桜の咲くころと、決めているのですが。妹の福さんはインフルエンザで部屋に隔離状態。姉さんの喜久さんが応接に降りて来てくれました。その後、店の跡はどうなっているのでしょうね・・・とつぶやくと、土地を売って、その後4階建てのマンションになったのよ、とのこと。その1階に2つテナントが入って、一つが居酒屋。夫婦でやっているのだが、女将さんが、何処で聞いたか、この老人ホームに訪ねて来たのよ。武蔵屋という69年続いた居酒屋があった場所だと聞いて、その名物料理という玉ねぎの酢漬けと湯豆腐の作り方を教えてくれという。それで教えたわよ、だけどなかなか同じ味にはならないわよね・・・そのときもらった名刺の裏に「あの武蔵屋のあった場所」とかなんとか書いてあるので、何も知らない人だから、武蔵屋の名前は使わないで、と言ったのよ、とのこと。その後、読売新聞の記者が来て、何かインタビュー。そしたら、その居酒屋の事が新聞に載ったそう。そうしたら途端に店に客が押し寄せて来たとか・・・。
そんな話のあと、おいくつになられましたと聞くと、7月7日が来ると94になると。実は戸籍上、書くときに間違えて3月7日になってしまったという。それで、話を折って自分の母の誕生日なんです、と言ったのです。母の本当の誕生日と喜久さんの戸籍上の誕生日とが一緒なのでした。私の母は78で死んだのですが、喜久さんより9つ年上になるかな。大正3年3月3日と覚えやすい誕生日にしていたのです。

3年前、「奈古谷温泉旅館」を買った時に契約が3月の初めになるというので、3日にしてもらった。玄関で契約書を取り交わしたのです。
3月、4月、5月は毎月1回、開拓団キャンプと言ってました。電気も水道もない中、、川から水をくみ上げ、掃除から始めました。月日の経つのは早いものです。1年後には地元の方々が訪ねはじめてくれてアットいう間に賑やかなことになって来ました。全国の皆様のご支援のお蔭で活況を呈しております。改めまして御礼申し上げます。
残念なのは共同代表として参画した藍工房前理事長・竹ノ内睦子さんが一昨年2月に発生した職員の退職強要問題を機に4月からIAVに来られなくなったことです。僕は、月日が経てば何事もなに人も柔らかくなっていく性質なのですが、竹ノ内さんは来れないのでしょう。このことだけは残念なことだと時々思います。

4月15日の午前中経営委員会を開きます。4期目の事を相談します。


4月22日は伊豆の国市での映画「あい」の上映会です。静岡新聞社会長夫人松井奈奈子さんが来てくださいます。奈々子さんは元々竹ノ内さんの紹介で僕の静岡伊勢丹での個展に来てくださった方。その後、ねむの木学園に藍工房のみんなで行った時も同行して下さいました。小野市長も知っているとのことです。上映会の日に打ち上げに参加してもらいIAVに来ていただきたいなと思っているところです。

先日、広島の実行委員会からの電話。この度「あい」の上映に広島市が助成をしてくれることが決まったそうです。政令指定都市が上映に助成とは凄いことです。所沢市に続いて自治体が公認してくれたこと。これは波及して行くことになるでしょう。上映の各地で2回目の上映が広がっています。
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


安倍昭恵さんは私人ですか?

2017/03/03 04:35
昨日の参議院予算委員会で共産党の小池晃議員の質問への答弁の中、安倍首相は「妻は私人なんです。」と言いましたが、果たして安倍昭恵・首相夫人は私人でしょうか?

画像

画像

昭恵さんの名刺です。名刺には第一に衆議院議員会館の安倍晋三事務所が書いてあります。
僕の文藝春秋画廊での個展に竹ノ内睦子さんのお誘いで来てくれたのですが、秘書が同行でした。
画像

「内閣総理大臣夫人付」という肩書の内閣総理大臣官邸の職員が秘書についています。

ご承知のように、トランプ大統領との会談へ同行し、会食などにも出席しています。費用は国家財政から出ています。その他、被災地視察や、独自の発言などもしています。比較的活発に首相夫人として行動しています。ある意味で安倍晋三氏の保守ガリガリを和らげる役割を上手く分担しています。

森友学園では総理大臣夫人の肩書で講演もし、明治天皇時代の「教育勅語」を暗唱することをやっていた学園の名誉校長に就任していたわけです。

問題が起きると「私人」と逃げるのはおかしいのではないでしょうか。
記事へなるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0


3月に入りました。

2017/03/02 05:20
歳をとると月日が経つのが速いと言います。

亡くなった竹田厳道・一枚の絵会長はよく仰っていました。70歳過ぎると、瞬く間に1年だ、と。会長に初めてお会いしたのは会長が60歳の頃。凄く大人でしたねえ。今考えても凄い人でした。横綱大鵬の後援会長されておられた。大鵬が正月挨拶に来ると、はい、と、300万の祝儀だったそうです。毎年ニューオータニで12月1日の自分の誕生日パーティーやってまして、僕も毎回呼ばれるようになった。200人はいましたね。ある年はスピーチで、『来たくない奴は来なくていい!』なんて。トランプさんのような勢いでしたね。僕の個展のたびにダンヒルのネクタイをお祝いにくれました。個展の初日は、本社の朝会で挨拶しました。短い朝会ですが、各部門の報告はスピーディそのもの。間に会長から一言指示。『君は明日から会社に来なくていい!』と言う事もありました。それで辞めて行った人が何人もいる。でも、戻して貰いたいと言って来た者は差別無く再度受け入れてました。人情深い人でした。僕もああした大胆不敵な風貌に時々憧れますが、そんな強い男ではない。やわで困ります。

時節、季節は春。スプリング。
まさにウキウキ弾むような季節ですね。雪国の人々は特にそうだと思います。
画像

3月1日。いつもの公園の玉縄桜は満開です。

横浜・上永谷の会計士の所へ鎌倉歩いていきました。途中畑が有ります。
画像

白菜って、こんな花が咲くのですね。

こちらは菜の花でしょう。
画像






3・11を迎えます。
6年が経つのですね。
その日はアカシア会。ナターシャが来る予定です。『ガーデン』をテーマに描きます。ランチは日本のお好み焼きにしようかと思います。


第3週末はビレッジのイベントデイズ。この春、いよいよ山道を作って行きますので、楽しみなんです。
染色、作陶、織り、木工と、いよいよ賑やかになって来ます。太陽光発電も工事が進んでいます。
3月25日には高松の障がい者施設訪問、映画『ハケン』の推進支部の結成。翌日京都美術研究会。
あっと言う間に4月です。

昨日広島から連絡がありまして、
映画『あい』に広島市が助成することが決まったとの事。凄いですね。


4月は筍掘りと、第3週末は滝沢岩雄ニューヨーク展の団長が
ビレッジで講演します。
22日は映画『あい』の伊豆の国市での上映会です。あっと言う間に5月の連休です。

こうして一年が、瞬く間に過ぎていくのでしょう。

子供の頃は一年が長かった。
人間、それまでに生きて来た年月から一年の長さを感じるらしい。
まだわずかな年月しか生きてない子供たちにとって1年は長い。
歳を重ねほど1年が短くなる。
残された年月が少なくなった高齢者は、
何処で年月をリセットしたいものです。
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


映画「ハケン」第10回世話人会

2017/03/01 05:08
2月28日午後6時から共同映画社にて推進本部の世話人会が開かれました。
今回は、新たに山本薩夫監督の映画「ドレイ工場」の舞台となった日本ロールで働いていた方、登場人物の一人の奥様と、妹さんが参加され、13名の盛会でした。

議題レジメ
画像

(僕がメモしてきたなくなってしまいました)

サポーターは604名。賛同金は520万円になりました。広島からは17名分の賛同金が送られて来ました。その日、高知からは会合を持った内容の報告がFAXされて来ました。

大事な報告は、
この間の世話人会での検討の結果、現在の「脚本案」では我々の目標とする映画にはならないとの判断で、脚本を依頼していた高橋正國さんには一旦お断りし、この先はプロポーザルと考えて欲しいと、久保事務局長が23日お会いして話して来ました。世話人会では、これまでの仕事に対しての謝礼をすることを決めました。

今後の脚本について、宮崎信恵さんも自ら脚本を書いていく、との発言がありました。藤野戸さんからは2つの案が出されました。その案については3月末まで状況の変化を待つ必要があり、その旨共通認識としました。

JMITU が映画「ドレイ工場」の50周年上映会を計画しています。まだ、会場が決まらないのですが、この5,6月には開催が期待されます。その時期に向けて、制作体制を決めて行きたい、賛同金1,000万円達成をみたい、との全体の認識であったと思います。

なお、
「推進ニュース」第4号を2月6日に476通郵送しました。
懸案の推進本部ホームページの確立について具体化して行きます。

新しい「チラシ」の原稿が出来上がりつつあります。

次回世話人会は3月23日(木)午後4時から共同映画社にて。
その手前午後2時から、映画「日本の青空 いのちの山河 」を鑑賞します。

3月25日(土) 香川県高松市での推進支部設立があります。
藤野戸社長、宮崎信恵監督、中西が行きます。
記事へナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0


<<  2017年3月のブログ記事  >> 

トップへ

中西 繁 アート・トーク 2017年3月のブログ記事/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる