中西 繁 アート・トーク

アクセスカウンタ

zoom RSS 母の日

<<   作成日時 : 2017/05/17 02:24   >>

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

妻の誕生日の翌々日が世にいう「母の日」でした。

自分の誕生日にいろいろ気を使われるのが嫌だし、誕生日は互いにずっと無視しているのが我が家の長い間の習慣であった。古希も過ぎてくると、だんだんこの世を去った時の後味悪くしたくないみたいなもんで、少しは悪い習慣を訂正して行こうと思ったのか、娘・息子たちにショートメール「今日は玉縄に来るのかい?」と打った。

3人の子供たちはそれぞれの反応で、、、それはさておいて、午後になって、
「今晩は僕が作るよ」と一言いうと「今日は出かけるから・・・」という事だった。



次の土曜日は、僕は「アカシア会」で早朝から出かけた。


長男一家が来て、
「明日は東京ドームでチアやるんだ」とのことで、
「母の日」は妻も野球観戦でした。

母の日はどこも「母」や「ばば」が忙しいようで、
「父」は全く暇。僕は、普段から懸案のちょっとした大工仕事や、
制作机周辺の整備をしながら、のんびり花の絵を描いて過ごしたのです。
大相撲は初日。稀勢の里にあんなに期待がかかって凄い報道。「これじゃ、負けるわ。」と痛々しい試合を観たくはなかったのにまた観てしまった。やはり負けてしまった。稀勢の里は初日に弱いんです。

翌、月曜日になると翌日に控えた大腸カメラの事が気になり始める。
早いランチのあと、ふと思いついて「マンチェスター・バイ・ダ・シー」を観に行こうと川崎まで出かけることにした。
帰宅して、「最後の晩餐」。食卓は豆腐料理に御粥。瓶ビールを冷蔵庫から出すと、
「お酒はダメじゃないの」「ダメとは書いてないよ」


大腸カメラの朝。
7時に下剤を飲み始める。2年前はとても苦しい思いをしたのが、僕の腸は学習能力があるらしい。予知しているようで何ともなかった。しかし、コーヒーも飲めない3時までの時間は落ち着かなかった。
部屋の片づけや棚板のペンキ塗り、合間に花の絵の手をくわえたり・・。
二男がヤッケを洗ったようで乾燥機を借りに来る。それで思い出して「段ボール、君のアルバムが入っているんだけど」と納戸で言うが「ふーん」というだけだった。
帰ったあと、実際のところを確かめてみたら、「家族の写真」でした。僕が貼ったアルバム。みんな、いやに表紙が分厚く、布で巻いてある。「仲良きことは 美しき哉  実篤」なんて書いてある。

開いてみていると、子供たち、みんなちっちゃい。 学生時代。 結婚前の写真もある。4隅を止めるセロハンはほろほろとはがれて落ちてくる・・・。
段ボールはパリに行くので山手アトリエを他人に貸すことになって、引っ越して来た名残りなのだ。
出して、本棚に立てかけることにした。

これから、   「古いアルバムを眺めての老後哉」。

子供たち用に、編集し直すか。

遺品としてみんなが眺める時が来るのだろうか・・・。


母の写真もあった。
団体旅行の一枚。




大勢の兄弟の中で、
僕がこの1枚を何かの時にもらったのだろう。

画像


右端、母の隣の人は「くだものや」の横山さんだ。




月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
ナイス

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
母の日 中西 繁 アート・トーク/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる