中西 繁 アート・トーク

アクセスカウンタ

zoom RSS 山手 春らんま、

<<   作成日時 : 2017/04/06 06:49   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

朝早く、磯子駅で降りて山手アトリエに歩いて向かいました。
画像

昔からの釣具屋で、つぶれる寸前と勝手に思っていたところ、実はここのご主人、日本一の和竿作りの名人。全国から崇拝者が訪ねる聖地なのです。

画像

根岸森林公園
画像
画像

馬の博物館
画像

画像

何時も気になる空き店舗

画像

余生はここで小さなギャラリーをやったら、・・・

画像

画像

山手本通りの数少ないカフェ

画像
画像

エリスマン邸
画像

画像


画像

画像

横浜気象台前を曲がったら港の見える丘公園。
アトリエには9時過ぎに着きました。
カダケスの総仕上げ。床を広げ、吊り下げ2回やって3枚全体に手を入れ完成。
3ヶ月で仕上がりました。6ヶ月の予定を半分に出来たのは吊り上げのアイデア。
もっと、体育館のようなアトリエが欲しい。

昨日は、5時から渋谷に。
映画推進会議。
山場になっているので、月2回の世話人会をお願いしました。
この日は、脚本家候補が決まった、と僕は思っています。

これで、脚本、監督、決まるでしょう。

24日にまた、世話人会。

いよいよこの夏にはスタート切れそうです。

フェイスブック、ツイッターに推進本部の動きは公開されるので探してみて下さい。

この大作「カダケス」は、7月に高松市の画廊「ほのほ」に展示して、
8月には高知の星ケ岡アートヴィレッヂで展示します。

高松では、湯浅文代さんが「ハケン」映画推進の画期的なパネル展示を
7月1日から1ヶ月間やることになりました。瓦町駅ビルの上です。
凄い発想。まさに市民運動の取り組みになります。


僕は毎朝2時には目覚め、お茶を入れて、2時半に来る新聞読みながらも、
ベートーベンの第九(小澤征爾指揮)と、ドボルザークの第九・新世界を
聴いています。毎日1回以上。何度となく聴いて来た第九ですが、
改めてその構造を把握したいと思います。
3年前の今頃は源氏物語絵巻の写しと、分析に取組んでいました。
今思う事は時間芸術の『構造』把握です。

テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
山手 春らんま、 中西 繁 アート・トーク/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる