中西 繁 アート・トーク

アクセスカウンタ

zoom RSS I Daniel Blake

<<   作成日時 : 2017/04/04 01:46   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

映画「わたしは ダニエル ブレイク」を観て来ました。

画像

昨年のカンヌ映画祭で、パルムドール賞(最高賞)受賞。たびたび紹介して来たアイルランド生まれのケン・ローチ監督、最後の作品になるでしょう。

舞台はイギリスの現代の地方都市での普通の生活。地道に働いて来たけど心臓を悪くした為に仕事が出来なくなる。生活が苦しくなって行く。社会福祉の国でありながら現実は切り捨てが横行しているのです。そうした事に鋭いメスを入れた映画です。

こうした全く真面目な映画が少なくなった気がします。奇想天外なCGバイオレンス映画や、ファンタジー映画ばかりで、現実をいっ時忘れるばかりの映画が多過ぎる。そうした中で、カンヌ映画祭がこうした映画を評価した。素晴らしいです。

絶対お勧めの映画です。

現在は有楽町駅前のヒューマン・トラスト・シネマで上映。

画像


原題が I Daniel Blake と、am が抜けています。庶民の言葉使いなのでしょう。
blakeと言う名前。詩人のウィリアム・ブレイク(William Blake)が有名ですが。break(壊す・放つ、など)と、同じように使われる。名前もいろいろな意味を持たしているようです。

月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
I Daniel Blake 中西 繁 アート・トーク/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる